読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済ニュースまとめと気づき

モーニングチャージ等の経済番組で特集された記事から最新の経済動向や社会情勢を考察するブログ

オフィス家具は中古で!

2017年3月21日

季節感

最近は季節感を活かしたイベントが活況を呈している

この季節感こそが集客につながる要素でもある(日本橋の桜フェスティバル等)

企業の販促スケジュールもこの季節感を思いっきり取り入れれば良いと思う。

デパートやスーパーなどの小売り部門だけではなく、製造業やサービス業などでも

従業員や顧客にいかに季節感を盛り込むかが重要だと思う。

けじめや区切り、締め切りや変化など季節感で表現すれば嫌味がない。

 

中古家具

ようやく日本の景気も回復してきており、

雇用が拡大→オフィス空間が手狭になり→より広い空間へオフィス移転をする

という流れが多くなってきている。

それに伴い中古のオフィス家具が売れ行き好調という。

 

「オフィスバスターズ」のある店舗では月間で13000点から15000点ほどが売れている(昨年対比で10%アップしている)とのこと

 

働き方改革の浸透により質の高いオフィス家具のニーズが強くなってきているそうだ。

質の高いオフィス家具は当然値段が高いので、新品よりは中古が求められているわけだ。(人間工学に基づくリープチェアなど1脚3万円以上するものもある)

 

千葉県市川市にある「トミザワ」では10000平方メートルの場所で家具を管理し、メンテナンス等を行い、新品とほぼ変わらないものに仕上げて提供している。

しかし新品と比べ価格は3割と圧倒的に安い。

注目すべきはこの会社が、ただオフィス家具を売るだけではなく、配送や引っ越しのサービスも合わせて行なっているということである。

通常オフィスの引っ越しには家具の廃棄・運搬・買取り等の手間が発生するが、そのたびごとに配送費や人件費がかかってしまう。

これをワンパッケージで行えば運搬・廃棄・買取費用が圧縮され、トータルでコスト削減ができる通常に比べ3割ほどコスト削減が可能とのことで、お客に大変喜ばれている そうだ。

 

トータルサービス、ワンパッケージサービス、周辺商品、ついで買いなど、今ある商品の「周辺」や「全部まとめて」などの拡大ワードで攻めると大きな売り上げにつながるのではないだろうか?